保険を知らなくても大丈夫です

医療保険は将来予測を踏まえてベストプランを。

先日、ファイナンシャルプランナーの方にお会いして、新たな医療保険の加入について相談を受けていたのですが、目的、期間、予算の3点が大事だと選ぶポイントを教えていただきました。保険代はいざという時の備えのためだけに無駄のように感じるかもしれません。でも、昨今の医療事情をみると、公的保険がカバーできる範囲って意外に少ないことに気づきます。もし、手術となったら、長期入院になったら…心配はつきませんが、アラフォーになり、健康リスクも抱える年代になった今、真剣に考えています。
正直、年代もあって、月々の支払いが1万円以上になると見込んでいましたが、提案書をもらって見たら、8,000円弱。入院1日目からの給付、手術給付金は20万円、先進医療特約は技術料と同額。これだけの保障で、8,000円は安いと思いました。期間が終身であれば、もっと安くできるかもしれませんが、年金代から保険代を払うのはかなりキツイです。また、更新のある保険なら更新の度、負担は大きくなります。65歳までにするか、それとも70歳に設定するか。3点ポイントの一つ、期間によって月々の負担は大きくなります。先々のライフプランを見極めつつ、負担はできるだけ抑えて、保障を厚くする。医療も、もっと進歩するでしょうし、これからもベストな医療保険を選んで行こうと思っています。

最近の急上昇ワード保険についての話はすぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017医療保険ってどんな保険?.All rights reserved.